会社設立の知識

独立・起業して会社設立をするというのは一生に一度あるかないかのことです。そのような重要な決断は絶対に失敗はしたくありません。会社設立を代行サービスに依頼する場合は代行業者の選定は慎重にならざるを得ません。実際、会社法の施行により手続きやコスト面でも会社設立のハードルが低くなり、独立・開業を目指す人が増え、それに伴って会社設立の代行サービスを提供している業者も増加しています。

会社設立を失敗しないためには数ある情報の中から正しい物を選別しなければなりません。そのためには正しい判断基準を持つことが大事です。業者を探す時によく使うのがインターネットの情報だと思います。ネットによく出てくるのが税理士事務所や会計事務所です。そして代行業を専門とした業者です。そこで知っておくべきことは会社設立に必要な手続きや書類の登記が代行できるのは法律上、司法書士のみです。本人が自力で登記することは問題ありませんが資格のない者が代行することは違法になります。税理士事務所や会計事務所が代行サービスを提供しているのは提携している専属の司法書士がいるからなのです。代行専門の業者にもスタッフに司法書士の資格を持っているスタッフを配備しているか提携している司法書士がいるのです。

また手続きにはある程度の時間を有します。早く会社設立をしたいという思いから最短1日で納品というような業者に依頼をすることもあります。しかし会社設立に必要な書類や手続きの流れを知っていれば1日で手続きを完了させるにはしっかりとした準備ができていなければ不可能であることがわかります。急ぐ余りにとんでもない業者を掴まされることにもなるので、会社設立は計画的に進めていくことが大前提になります。独立・開業をする目的を明確にして取り組むことです。