税理士選びのポイント

会社設立の代行サービスに会計事務所や税理士事務所が多いのは、設立までの手続きや申請は司法書士しかできませんが税務に対する具体的なアドバイスや相談は税理士しかできないからです。つまり会社設立後は税理士との関わりの方が多くなるのです。したがって会社設立の窓口から安定した経営ができるようにサポートするところまで一貫して税理士がサポートできることが税理士が選ばれる理由でもあります。しかし税理士でも人それぞれで、実際は税理士がどんな仕事をしてどんな違いがあるのかを知らない人が多いのです。そこで会社設立や税理士を選ぶポイントを見ていきたいと思います。

まずは顧客の立場から見つめられることです。事業内容や定款の作成などオーダーメードで顧客の立場に立って考えてくれ、料金に対しても適切な説明ができる税理士です。つぎに節税についてしっかり教えてくれることです。厳密にいうと税理士の仕事は納税を正しくさせることであって節税を勧めることは仕事ではありません。しかし適切な節税をすることで会社の経営が上手くいくようにアドバイスできる税理士は信頼ができると言えます。さらに資金調達に優れていることです。資金調達は実際の経験をどれだけ積んだかによって能力が決まります。そしてレスポンスが早いことです。税理士に対する一番の不評はレスポンスの遅さです。顧客を大切にするサービス精神の意識が薄いとレスポンスは遅くなります。

これらを会計事務所や税理士を選ぶポイントに置くことで代行サービス業者を見極めることができます。会社設立に向けて何から初めていいかわからない人たちのために、会社設立ガイドを掲載している税理士事務所のサイトなどもありますので参考にしてみると良いでしょう。会社設立は一時的なことになりますが、会社経営は長く続けなければなりません。代行サービスという枠を超えて信頼関係を築ける会計事務所や税理士を見つけることです。